シアリスの画像

数あるED治療薬の中で最近話題になっているのがシアリスです。シアリスには他のED治療薬と違う点があります。持続時間の長さ、食事制限の影響を受けないことです。今話題のシアリスについて詳しくご紹介します。

勃起力の減衰に病院処方のシアリス

加齢とともに、勃起力は減衰してくるものです。これには、血管が弾力性を失って硬くなる動脈硬化が関係しています。年齢とともに肌に弾力がなくなってくるのはわかりますが、内臓や血管でもこれが起こります。
これにより血液の流れが悪くなって、勃起に必要な血液がじゅうぶんに供給されなくなります。するとED(勃起障害)などが起こります。
こういう人の治療に病院で処方されているのが、シアリスという薬です。性欲をアップさせるような効果はありませんが、全身の血液のめぐりを良くすることでEDを解消してくれます。
病院でシアリスを処方してもらう場合、どこの医療機関を受診しても保険適用外の金額になります。1錠あたり10mgだと1,700円、20mgだと2,000円程度が相場です。
シアリスは第三のED治療薬として世に登場しました。これ以前までの薬は、食事の影響を受けてしまったり、効果持続時間が短いことがネックでした。
しかし、シアリスはその点を改善して食事の影響を受けにくく、効果持続時間が20~36時間ほど持続するように作られています。なので、焦らずに性行為に臨むことができます。
焦りでうまく勃起できないという男性であれば、シアリスを使ってみると良いでしょう。
ちなみに、シアリスは食事の影響を受けにくいとはされていますが、メーカーによると800kcalまでの食事ならば影響を受けないという発表になっています。牛丼の中盛りが650kcal前後ありますから、これを1食食べるくらいならば問題ありません。ただし、空腹時に飲んだほうが薬の効きが良いです。
しっかり効果を出したいという人は、空腹時に飲んでしまって、薬の成分を浸透させておくと良いでしょう。